5αリダクターゼを抑制するには

用語

5αリダクターゼと聞いて「あ~あれね」と思われる方は少ないでしょう。薄毛に悩み薄毛対策などを調べていくうちに知る言葉だと思います。

この記事では5αリダクターゼとはそもそも何なのか?それを抑制するには何をすれば良いのかなどを調べてみましたのでご覧ください。

5αリダクターゼとは

5αリダクターゼとは、物質を還元する反応を触媒する酵素である還元酵素の1種です。ほとんどの体毛の皮脂腺に存在しているものになります

5αリダクターゼには、1型と2型の2種類があります。皮脂の分泌が多い脂ギッシュな人は、1型の5αリダクターゼの活性が高くなってる可能性が考えられます。2型の5αリダクターゼは、男性ホルモン作用を強く受ける髭や前頭~頭頂毛の毛乳頭細胞に分布します。

5αリダクターゼを説明する前に男性ホルモンである「テストステロン」の解説から始めます。

「テストステロン」という男性ホルモンは、体が発達する過程において男性らしい骨格や男性らしい筋肉の形成や精神的な成長の変化といった男性の心身の成長に欠かせない男性ホルモンです。

5αリダクターゼは、そのテストステロンの働きをさらに強くする作用があります。5αリダクターゼは、テストステロンをより強力な男性ホルモンであるDHT(ジヒドロテストステロン)へと代謝してしまいます。

このDHT自体は何も困った存在ではありません。問題なのはDHTが毛乳頭細胞に存在する「アンドロゲンレセプター」と結びつくことで、毛乳頭細胞から脱毛因子が放出されると脱毛を促進してしまったり、新たに発毛したり育毛することを阻害してしまいます

その結果、ヘアサイクルが乱れ、抜け毛が増えて新しい髪の成長は抑えられ薄毛が進むという、髪の毛に関しては、異常な事態になってしまいます。

5αリダクターゼと遺伝

薄毛を進行させるDHTを作り出す5αリダクターゼ。この5αリダクターゼの量が多ければ薄毛になりやすく、少なければ薄毛になりにくいと言えます。

もちろん薄毛のなりやすさにはストレスや悪い生活習慣といった他の要因も絡んでいますが、5αリダクターゼの量が薄毛と関係しているのは事実と言えます。

そして、この5αリダクターゼの量は、遺伝によって決まります。男性ホルモンはすべての男性の体で分泌されているにもかかわらず、薄毛になる方とならない方がいるのは5αリダクターゼの量が関係しているからなんです。

つまり、有り難くないことに遺伝で5αリダクターゼが生成されやすい体質の方は薄毛にもなりやすいと言えますね。

5αリダクターゼの活性に関する遺伝は、父親か母親のいずれか一方がこの遺伝子を持っている場合、優性遺伝なので必ず子供に遺伝します。なので、どちら側の親族にも薄毛の人がいない場合しか安心はできないんです。

5αリダクターゼを抑制するには

テストステロンをより強力な作用を持つDHTに変換するのに必要となってくる5αリダクターゼ。薄毛の進行を抑えたいのなら、5αリダクターゼの働きを抑えてあげる必要があります。

5αリダクターゼの働きを抑える医薬品はいくつかありますが、薬を使わずに5αリダクターゼを抑制することはできるのでしょうか。

5αリダクターゼを薬を使わず抑制する

亜鉛が髪の毛に良いという話しを聞いたことがある方は多いでしょう。亜鉛はミネラルの一種であり、皮膚の健康を保ったりするのに必要な成分です。

また、色々な細胞の新陳代謝に関わったりする働きもあることから、男性女性に関わらず美肌を目指している方にも積極的に摂られている成分です。

実はこの亜鉛が不足すると、亜鉛不足による脱毛が起きるという報告があります。亜鉛はたんぱく質を合成する働きにも深く関与しているので、亜鉛が不足するとタンパク質が主成分で出来ている毛髪にも影響が出てしまうんですね。

亜鉛を特に多く含む食品

亜鉛を特に多く含む食品としては以下のようなものがあります

「牡蠣」「アワビ」「タラバガニ」「スルメ」「豚レバー」「牛肉」「卵」「チーズ」「高野豆腐」「納豆」「えんどう豆」「切り干し大根」「アーモンド」「落花生」

お酒をよく飲む方も亜鉛不足には注意が必要です。アルコールの代謝に関わる酵素は、亜鉛を材料としています。お酒を飲むことで体内の亜鉛が消費されるだけでなく、アルコールは尿中への亜鉛の排泄を促してしまうので、意識して摂りたいですね。

亜鉛を多く含むオススメのおつまみのメニューとしては「レバニラ炒め」「チーズ盛り合わせ」「たらこおにぎり」「キムチ奴」「ミックスナッツ」などがあります。

亜鉛の摂取量

体や薄毛のためとはいえ、亜鉛も摂り過ぎには注意が必要です。日本人の食事摂取基準2020年版には亜鉛摂取の推奨量や上限量が記されています。


画像引用元:https://hfnet.nibiohn.go.jp/contents/detail672.html

こんな表だけ出されても多いか少ないかなんて分かりませんよね(笑)。具体的に一番多く亜鉛を含んでいる牡蠣でいえば、13.2㎎/100gなんです。

平均的な牡蠣の重さは20gですので、5個も食べれば推奨量には十分です。他の食品でも同様で1日3食を和食を中心にすれば、亜鉛は十分に摂ることが出来ます。

体に良いからといって亜鉛をサプリメントなどで摂ってしまうと、1日の上限量をあっという間に超えてしまいますので注意が必要です。

5αリダクターゼを薬を使って抑制する

「そんなまどろっこしい事なんてやってる暇はない」と思われる方も多いのではないでしょうか?私もそんな1人なので気持ちはよくわかります。

となると、薄毛治療をする上で確実に成果を出すためには、医薬品を使う事が必要となります。薬を使って5αリダクターゼの働きを抑えてしまえば、薄毛を促進させるDHTも産生されなくなるので薄毛の症状が進行しにくくなるからです。

まずは下の画像をご覧ください。


画像引用元:https://www.dermatol.or.jp/uploads/uploads/files/AGA_GL2017.pdf

この画像は日本皮膚科学会が出している薄毛治療に関するガイドラインです。この中で強く勧められているのは、フィナステリド・デュタステリドの内服薬とミノキシジルの外用薬になります。

フィナステリドという成分は、5αリダクターゼの働きを抑えることで薄毛の進行を食い止めます。5αリダクターゼには1型と2型の2種類あることは先ほどご説明しましたが、フィナステリドはこのうち2型の5αリダクターゼを阻害することで効果を発揮するお薬です。

薄毛に悩まれているほとんどの方は、コチラの2型の5αリダクターゼが原因と言われています。効果の出方は人によって違いますが、飲みはじめて早い方だと3ヶ月です。平均になると6ヶ月~1年で効果を実感できるようになります。

デュタステリドという成分ですが、こちらもフィナステリドと同じように5αリダクターゼを阻害し薄毛の進行を抑えてくれます。ただしフィナステリドとまったく同じ医薬品という事ではありません。

デュタステリドは1型と2型両方の5αリダクターゼを阻害するため、プロペシアよりも効果が高いことで知られています。だからという訳ではありませんが、値段の方もフィナステリドよりは少々高くなっています。

海外の臨床試験では、デュタステリドとフィナステリドを、半年間服用するという比較試験において、デュタステリドを使用した側の方が、発毛量が約30%多かったという報告がありました

このブログのトップページでは、フィナステリド系やデュタステリド系の人気のある医薬品をランキング形式でご紹介していますので、どうぞご覧ください。

トップページを見てみる

5αリダクターゼにウーロン茶が効く?

この記事を見ているような方なら「リーブ21」という企業の名前は聞いたことがありますよね?正式には「株式会社 毛髪クリニック リーブ21」というらしいです。

このリーブ21が、2016年3月26日(土)~29日(火)日本薬学会第136年会にて「抗男性ホルモン作用を介したウーロン茶エキスの育毛効果」というのを発表しました。

茶の効果については様々な研究がなされていて、育毛に関する発表も数多くあります。しかし、その多くが緑茶を使ったもので、緑茶以外のお茶において育毛研究報告は数少ないのが現状です。

そこで、半発酵茶として知られるウーロン茶を研究対象として実験が行われました。その結果、ウーロン茶の含有成分には抗男性ホルモン作用を介した育毛効果が期待できることが示されたそうです

ウーロン茶の育毛効果を証明する試験内容は以下の2種類となります。

1つ目としては、実験用ラットを使った「5αリダクターゼ阻害試験」があります。ウーロン茶エキスを投与することにより、薄毛の原因になる還元酵素である「5αリダクターゼ」の働きが阻害されたことが分かりました。

これによって既存の薄毛治療薬に使われている成分「フィナステリド」や「デュタステリド」等と同様の働きがウーロン茶にもあることが証明されました。

2つ目の実験として、マウスを使った育毛効果の検証テストがあります。2匹のマウスに男性ホルモンの一種である「テストステロン」を使って事前処置をおこない、5αリダクターゼと結びつきDHTが作られやすい環境を作りました。

その片方のマウスだけに烏龍茶のエキスを投与して育毛状態を確認していったところ、ウーロン茶エキスを与えたマウスで明らかに育毛が促進されたことが分かりました。

リーブ21によると、ウーロン茶に育毛効果が期待できることが示されたので、これから商品開発に進んで行きますとの事でした。

実に夢のある話ですが、この試験結果が発表されてから4年が経過しました。ですが、これといった進展は無いようで、進展が期待されますね

この試験で使われたのは「ウーロン茶エキス」ですので、特定の成分を抽出して濃縮させている事は想像できます。なので、市販のウーロン茶をどれだけ飲もうと薄毛に影響してくるとはとても思えませんね。

ウーロン茶は飲むだけで薄毛に効く?

ネットには「ウーロン茶を飲むだけで薄毛に効果がある」といった記事も見受けられます。そういった記事は、ウーロン茶の消費量が中国が1位だから薄毛の割合が低いというのをリソースにしています


画像引用元:https://style.nikkei.com/article/DGXBZO34395710Q1A830C1000000/


画像引用元:http://museum.ichikawaen.co.jp/knowledge/oversea.php

これをご覧になって、どう思われました?私は調査した国のバラツキが激しくて、1位の中国だけを持ち上げてこじつけているようにしか感じません。

どう見たって世界毛髪マップなんて先進国ほど薄毛が多いじゃないですか。だから日本がアジアで一番薄毛の割合が多いですよね。

先進国の方が医療が進んでいるから高齢化が進んでいて平均年齢が高いです。それに加えて仕事や人間関係などのストレスが多く、食生活も不規則だったり偏食だったり外食が多くなったりします。その結果として薄毛の人が多くなるのではないでしょうか

コメント