ショウブ根エキスの育毛効果

用語

みなさんは「ショウブ」と聞いて何を思い浮かべますか?私が真っ先に思い浮かべたのは入浴剤の成分でしたね。

この成分であるショウブ根エキスに育毛効果があるというので調べてみました。

ショウブ根エキスとは

ショウブをいれたお湯に浸かることで、無病息災や様々な効能を得ることができるショウブ湯。その起源は遥か昔の中国に由来します。

中国ではもともと端午、つまり5月ごろ、ショウブを玄関に飾ることで邪気を払う風習がありました。また同時期には、蘭を浮かべた蘭湯に入り身を清める「浴蘭節」といった行事も行われており、この二つの風習が日本に伝来しました。

当時の日本には蘭が少なかったため、石ショウブと呼ばれるショウブの仲間で代用したことからショウブ湯が始まったとされています。

その後、石ショウブより効能の高いとされる現在の一般的な「ショウブ」や「水ショウブ」が園芸用として栽培されて全国に広まり、そちらがメインとして使われるようになったと伝えられています。

ショウブの薬用効果を高めるために、芳香のある生の根茎や葉を大まかに刻んで布袋に入れて煮出したものが風呂に入れてショウブ湯の完成となります。

このショウブのエキスを抽出したものが「ショウブ根エキス」というわけです

ショウブ根エキスの育毛効果

菖蒲の葉や根茎(こんけい)には、「アザロン」や「オイゲノール」といった精油となる成分が多く含まれています。この成分は強い芳香を持ち合わせていて、これがショウブ湯独特の匂いの元になります。

この強い芳香が、古来において厄を祓うと信じられていたのです。また、ショウブ自体が真っ直ぐ伸びた刀のような形をしている事から厄払いの効果があるとされていたようです。

一般的にショウブ湯には、主にショウブの葉が利用されますが、根茎の方がより多く精油となる成分が含まれています

漢方では、日干しにしたショウブの根茎を用いており、日干しにしたショウブの根茎は、菖蒲根(しょうぶこん)と呼ばれていて、漢方薬を取り扱う店舗で問い合わせれば、簡単に購入することができますよ。

ショウブ湯には以下のような効果があるとされています

「血行促進」「腰痛」「神経痛」「冷え性」「筋肉痛」「リュウマチ」「肩こり」

これらの効果に加えて、ショウブの香りには、アロマテラピー効果もあります。ショウブ湯は、血行が良くなり、痛みを伴う諸症状を和らげることはもちろんですが、香りによって、心身のリラックス効果を得ることもできるという優れものなんです。

ショウブ根は、刻んでから軽く一握り分を布袋に入れて煮出します。お風呂には、煮出した汁ごと全部入れてください。こうすることで、精油成分のたっぷり入ったショウブ湯の完成となります。

布袋の準備が面倒な場合は、不織布でできた袋でも代用できますし、100均などで売っている洗濯用のネットでも十分代用が利きます。ただお風呂に入れるだけでは成分が出てくるまでに時間がかかりますので、ひと手間かける必要があります。

それが面倒くさいという方は、市販の入浴剤を使うのが最も手っ取り早い方法になります。

ショウブ根エキスの効果である血行促進は体だけに限ったものではありません。頭皮に関しては血行を改善し、毛穴の炎症を防ぐといった効果が期待できます。

頭皮の血行が良くなれば、毛根にまで栄養がしっかりと行き届き、毛母細胞の細胞分裂が活発に行われて育毛効果に繋がるというわけです。

ただ・・・

頭皮の血行が改善されただけで薄毛が回復すると思いますか?薄毛になる原因としては主に2つあります。1つは頭皮の血行不良で髪に栄養が行き渡らないこと、もう1つは髪が育っている途中の段階(細く短い髪)で抜けてしまうことです。

どちらかと言えば2つ目の細く短い髪が抜けてしまう事の方が重要です。壮年性脱毛症(AGA)については詳しくは別の記事に書いていますので、興味を持たれた方は下のリンクボタンからどうぞ

壮年性脱毛症

もし、女性で薄毛に悩まれている方がいらっしゃるなら、女性特有の薄毛である「びまん性脱毛症」についても詳しく書いた記事がありますので、下のリンクボタンからご覧ください

びまん性脱毛症

ショウブ根エキスのその他利用

ショウブ根の利用方法は、ショウブ湯だけに限ったものではありません

ショウブ酒
刻んだショウブの根を、漬け込んだお酒のことです。中国では、疲れた胃腸の回復や血行促進に効果があるとされ、端午の節句の際には欠かさず楽しまれてきました。

注意が必要なのは、作る際はアクが出ないように長時間浸けるのはやめましょう。30分程度の浸け時間で、保存はせず、飲みきってしまうようにしましょう。

軒ショウブ
ショウブとヨモギを束ねて、軒下につるしておくことを言います。中国では火事を防ぐおまじないとされていて現在でもこの風習は残っています。

ヨモギもショウブと同様に、中国では漢方として使われ、強い香りから邪気を払うとされていました。日本でも薬草として使われているので、ショウブより馴染み深いと言えますね。

また地方によっては、ショウブ湯にヨモギを入れる地方もあるそうです。入れる場合ですが、ヨモギには陣痛作用があることから、妊婦さんは注意が必要とされています。

ショウブ枕
5月5日の前日、つまり4日、寝床や枕の下にショウブを敷いてみたり、ショウブで作った枕で寝たりすることを指します。ショウブは邪気を払うと信じられ、使った後のショウブは、5日にショウブ湯に使用されます。

また「勝男」とも書ける魚の鰹や、真っすぐに伸びるタケノコを使った縁起のいいお料理に、彩りとしてショウブを添えるといった使い方もあります。

コメント