抗男性ホルモン薬が薄毛に効果があるって本当?

用語

抗男性ホルモン薬は女性ホルモンのような作用を有する医薬品であり、男性ホルモンの働きを抑える「抗男性ホルモン」の作用により、肥大した前立腺を縮小させることによって残尿感や頻尿などの症状を改善する薬です。

また、抗男性ホルモン薬の作用により、前立腺がんの治療に使用する薬剤もあります。「これって薄毛に関係なくない?」と思われた方、思い出してください。

薄毛治療に用いられる内服薬はどんなものでした?そうです、前立腺肥大の治療薬として開発されて、その副作用として「発毛」の効果が認められたものでしたよね

男性ホルモンとは

ここでは男性ホルモンの1つであるテストステロンについてご説明します。男性の場合、約95%が睾丸の中で、残る5%が副腎で合成されてテストステロンが分泌されています。

テストステロンの原料はコレステロールで、詳しい解説は割愛しますが体内で複雑な工程を経てテストステロンに生合成されています。

テストステロンの分泌は20歳代をピークにして、その後加齢とともに衰えて行きます。テストステロンそのものは、脱毛させる物質ではありません。この世の男性は思春期になって男性ホルモンの分泌が増えてくると全員「薄毛」になってしまいますか?

テストステロンは、体内の各部にある「5α還元酵素」の作用によりDHTという物質になりますが、頭髪のつけねの毛乳頭にある、この酵素のはたらきで、DHTが育毛を抑えてしまう、という説があるので テストステロン=薄毛の原因 と思われがちなんです。

我々男性にとって、DHTは脱毛や前立腺肥大などを引き起こす「悪玉」男性ホルモンと言われそうですが、近年登場したフィナステリドやデュタステリドは、DHTの産生を抑えてくれるのでテストステロンの多さを気にすることなく薄毛治療に取り組めます。

フィナステリド系やデュタステリド系の内服薬は、このブログのトップページでご紹介していますので、下のリンクボタンからどうぞ。

トップページを見てみる

抗男性ホルモンと薄毛

薄毛の原因であるDHTの原料となるテストステロンの分泌量はそれほど個人差があるわけでは無いのですが、テストステロンをDHTに変換する「5αリダクターゼ」の分泌量には、かなりの個人差があることが知られています。

端的に言うと「5αリダクターゼが生成されやすい体質=AGAになりやすい体質」ということになるります。これは個人差と言うより遺伝が深く関わっている可能性が高いと言われています。

よくハゲや薄毛が「遺伝」のせいだと言われるのは、5αリダクターゼが生成されやすい体質そのものが遺伝で受け継がれているからなんですね。

DHTの生成を抑えるために医薬品に配合される成分には、以下のようなものがあります。

フィナステリド:抗アンドロゲン薬の一種で、アメリカ食品医薬品局にはAGA治療薬
として認可されています。
デュタステリド:AGA治療薬のひとつです。
5αリダクターゼのⅠ型とⅡ型の両方に作用するので、
フィナステリドより強い効果があります。
その分値段も少し高めになりますけどね。

この他にも「ノコギリヤシ」などがありますが、日本皮膚科学会が発毛に効果があると認めているのは上記の2つの成分だけです。

この発毛成分の「フィナステリド」「デュタステリド」の配合されている内服薬の人気商品を、トップページでご紹介していますので、興味を持たれた方は下のリンクボタンからどうぞ

トップページを見てみる

コメント