マラセチア菌を殺菌できる市販薬はあるのか?

用語

この記事ではマラセチア菌を殺菌できる市販薬はあるのか?といった疑問やマラセチア菌が「うつる」といった噂などについても調べてみました。

マラセチア菌とは

マラセチア菌は、すべての人の皮膚に存在している常在菌です。皮膚のなんらかの異常によってマラセチア菌が炎症をおこすことで、マラセチア毛包炎を引き起こします。

マラセチア菌は毛包炎以外にも、脂漏性皮膚炎やアトピー性皮膚炎などの痒みを伴う皮膚の病気の原因になります。

マラセチア菌が原因となり引き起こすマラセチア毛包炎は、毛穴の奥で毛根を包んでいる毛包という部分に炎症がおこります。

出来やすい場所としては背中、胸、肩、二の腕などの汗をかきやすい部分に小さなニキビのような赤い発疹がみられます。最初は軽度のかゆみを伴うこともありますが、ひどくなるとかゆみが増すこともあるので注意が必要です。

マラセチア菌とニキビ

マラセチア菌によって引き起こされるマラセチア毛包炎はニキビと症状が似ているのが特徴とも言えます。しかし、顔を中心に発生するニキビとは違い、マラセチア毛包炎は顔以外の部位に発生することが多くあります。

ニキビの場合はアクネ菌が原因というのが有名ですが、マラセチア菌とは菌の種類が違うため、治療の方法も違います。ただ、「背中ニキビ」は正確にはニキビではなくマラセチア毛包炎ですので間違わないでくださいね。

マラセチア毛包炎は膿を検査することで診断できるので、皮膚科などを受診しないと検査を受けることは出来ません。

当然ですが、原因となる菌が違うためニキビを治す市販薬は効きません。逆に、ニキビの治療薬を間違って使いつづけると、炎症が悪化する恐れがあります。「イミダゾール」系の塗り薬は市販薬でも効果がありますが、皮膚科で診断をしてもらい処方してもらう方が無難ですね。

マラセチア菌に効く薬

マラセチア菌によって起こった炎症の治療には、抗菌剤を塗り薬や内服薬によって使用する薬物療法が行われます。

皮膚科などでは、まず真菌(カビ)の細胞膜合成を阻害し、病気の原因となる真菌の増殖を抑えることにより抗真菌作用がある「ニゾラール」という塗り薬が処方されます。

「水虫・たむし」や「皮膚カンジダ症」や「でんぷう」には1日1回、「脂漏性皮膚炎」には1日2回患部に塗ります。

ほとんどの場合は数カ月間塗り続けることで改善します。塗り薬だけでは改善しない場合は、真菌(カビ)の細胞膜の合成を阻害し、白癬症やカンジダ症などの真菌感染症を治療する薬である「イトラコナゾール」という内服薬が処方されることが一般的です

服用する量は年齢や症状によって違いますが、「深在性真菌症」や「深在性皮膚真菌症」だと1日100㎎~200㎎が処方され、「表在性皮膚真菌症」だと1日50㎎~100㎎が処方されるのが一般的なようです。

マラセチア菌に効く市販薬

ニゾラールは皮膚科などで処方してもらわないと購入することは出来ません。個人輸入で手に入れる方法もありますが、同じ効果が期待できる「イミダゾール系抗真菌薬」の塗り薬は複数市販されているのでご紹介しますね。

大正製薬株式会社が製造販売している「ダマリンL」「ダマリンS」

ロート製薬株式会社が製造販売しているメンソレータムやメンソレータム フレディCCクリーム

佐藤製薬株式会社が製造販売しているエンペシドL

第一三共ヘルスケアが製造販売しているピロエースのシリーズ

新新薬品工業株式会社が製造販売しているキョータップクリーム

といった商品が市販されており、通販などで購入できます。

マラセチア菌に効くシャンプー

頭皮に脂漏性皮膚炎が発生した場合は頭皮がかゆい・ふけが出るといった症状が出てきます。原因としてはマラセチア菌が過剰分泌された皮脂を餌に増殖することで、脂漏性皮膚炎を引き起こしていると言われています。

皮膚科などを受診すると、まずは炎症を抑えるステロイド外用薬を使用します。痒みなどが収まってくると抗真菌剤であるケトコナゾール外用薬へ切り替えるのが一般的です。

そこまで酷くない場合であれば、ケトコナゾール配合のシャンプーが市販されているので、購入して試してみるのも良いでしょうね

持田製薬のコラージュフルフルネクスト


画像引用元:https://www.collage-shop.jp/SearchCategoryTop?CID=342

皮脂が多い男性向けのすっきりさらさらタイプと、皮脂が比較的少ない女性向けのうるおいなめらかタイプがあります。価格は200mlで1,700円前後が多いようです。

脂漏性皮膚炎対策のシャンプーとしては昔から有名ですよね。Amazonなどでは詰め替え用が人気になっています。

ロート製薬株式会社のメディクイックH


画像引用元:https://jp.rohto.com/mediquick-h/promotion/p_shampoo/

ラインナップは1つのみです。洗浄成分がアミノ酸系であるため洗浄力がマイルドなので皮脂の多い男性は脂汚れが残りやすいと言えます。

200mlで1,000円以下と価格的には一番リーズナブルなシャンプーです。シャンプーは1種類しかありませんが、外用薬のように直接頭皮に塗れる「メディクイックHゴールド」といった商品も販売されています。

ワイズ製薬株式会社のカダソンスカルプシャンプー


画像引用元:https://www.kadason.jp/

脂漏性皮膚炎を治すために皮膚科医監修の下で開発されたアミノ酸シャンプーです。シャンプー、トリートメント、ボディーソープ、化粧水といったラインナップがあります。

メディクイックHと同様にアミノ酸系のシャンプーですので、洗浄力はそれほど強くありません。250mlで3,700円と他のシャンプーに比べると高価な商品になりますね。

ニゾラールシャンプー

ケトコナゾール2%配合されているシャンプーで、マラセチア菌に対して最も抗菌力があります。国内で認可されていないので、海外から個人輸入する必要があります。他のシャンプーと比較すると刺激が強いのが特徴です。200mlで2,400円ほどで販売されています。

マラセチア菌はうつる?

最初にご説明した通り、マラセチア菌は誰の肌にも存在する常在菌なので、人→人へ「うつる」というのはありえませんし、マラセチア菌自体をなくすことは不可能と言えます

マラセチア菌の異常繁殖によって背中や胸に赤い斑点ができる皮膚の病気であるマラセチア毛包炎。これを防ぐにはマラセチア菌が異常繁殖しないように体を清潔にしておく以外に方法はありません。

夏場はシャワーだけで済ませてしまう方も多いかと思いますが、季節に関係なくきちんと湯船につかりましょう。湯船で体を温めて毛穴を開き、毛穴の奥の汚れまでしっかり落とすように心がけるのが大切になってきます。

マラセチア菌を抑制する

肌を清潔に保つと聞いて、ナイロンタオルでガシガシ洗うことをイメージしがちですが、肌にとっては逆効果になります。泡で優しく洗うのがポイントになります。女性が洗顔料をネットで泡立ててから使用しますが、あれをイメージしてもらえば分かりやすいかもしれません。

シャンプーの時の注意点は、熱いお湯をいきなり頭にかけないこと。頭皮への刺激となるので、特に冬場には注意が必要です。

抗真菌剤入り、あるいはアミノ酸系のような刺激の少ないシャンプーを使い、爪を立てないようにして、指の腹で頭皮をそっとなでるように洗います。

シャンプーの洗い残しがないように、よく洗い流しましょう。すすぎには洗った時間の倍以上をかけるようにして、しっかりキレイな状態にします

また、マラセチア菌の異常繁殖を防ぐには、食生活の改善もポイントになってきます。脂肪分が多くて野菜が少ないといった食生活は、皮脂の分泌量を増やしてしまい、マラセチア菌の異常繁殖リスクを高めてしまいます。

ビタミンB群(とくにB2、B6)とビタミンCは、皮膚の代謝を改善し、ダメージの回復を早める働きをするので食事に取り入れましょう。

ビタミンB2が多く含まれる食品

「レバー」「うなぎ」「卵」「納豆」「乳製品」

ビタミンB6を多く含む食品

「カツオ」「マグロ」「サンマ」「バナナ」「豚ヒレ」「鶏ササミ」

1日3食のメニューの内容を野菜を増やしてビタミン類を多くとるなど、バランスのよい食事をすることもマラセチア菌を抑制する手段になります。

また、紫外線は皮膚のダメージを促進します。紫外線の強い季節は、帽子や傘で日よけをしましょう。ただし、帽子は風通しがよく、むれにくいものを選ぶことが大切です。

コメント