脂漏性脱毛症(皮膚炎)とAGAは何が違うのか

脱毛症

脂漏性脱毛症(皮膚炎)とは、頭皮環境で皮脂の分泌が多くなりすぎることで起こる脱毛症の一種とされます。ちゃんとシャンプーしてるのに頭皮や髪が以前よりもベタ付くし、最近抜け毛が増えたような気がする方は、脂漏性脱毛症(皮膚炎)である可能性を疑ってみてもいいかもしれません。

この記事では脂漏性脱毛症(皮膚炎)とは何なのか、原因や治し方などについてご紹介します。

脂漏性脱毛症(皮膚炎)とAGA

脂漏性皮膚炎(脱毛症)の症状としてまず挙げられるのが、髪や頭皮が皮脂でベタ付くことです。洗ってもすぐに皮脂が分泌されベタ付きを覚えることで、症状に気が付く人が多いです。

皮脂の過剰分泌に伴い、頭皮にニキビができたり大きなフケが発生したり、赤みやかゆみ、湿疹、かさぶたといった炎症が出る場合もあります。また、こうした頭皮環境の悪化により抜け毛が多くなります。

脂漏性脱毛症(皮膚炎)は一般的に男性に多いとされていますが、女性もストレスや栄養バランスの乱れ、生活リズムの乱れなどにより男性ホルモンが増え、皮脂が出やすくなり脂漏性脱毛症(皮膚炎)を発症する事例が増えてきています。

なので、脂漏性皮膚炎(脱毛症)とAGAでは発症する原因が根本的に違います。頭皮環境を整えるだけで抜毛を改善できるのですから、AGAの方からは羨ましいと思われるでしょうね(笑)

脂漏性脱毛症(皮膚炎)の原因

脂漏性脱毛症(皮膚炎)の唯一の原因というのが皮脂の分泌過剰です。老若男女問わず誰の頭皮にでも皮脂をエサとする「マラセチア菌」という常在菌が住み着いています。頭皮に限らず人間の皮膚には皮膚常在菌であるマラセチア菌が存在しています。

皮脂をマラセチア菌が分解することでリパーゼと遊離脂肪酸を生成し、これが頭皮の炎症を起こしてしまいます。何らかの引き金があり皮脂が過剰に分泌されることでマラセチア菌が異常発生し、さらに炎症の原因物質を生み出すという悪循環に陥ってしまいます。

頭皮に皮脂が多く存在する1つ目の原因は皮脂の洗い残しです。洗髪が不十分だったり、洗う頻度が普通より少なかったりすることで、頭皮に皮脂が多く残った状態がマラセチア菌の大量のエサとなり異常繁殖を引き起こしてしまいます。

2つ目の原因は食生活の乱れです。例えば、肉や揚げ物など油っぽい物を多くとる食生活や、インスタント食品にファストフードなども上げられます。特に、普段から高カロリーな食生活を送りがちな肥満体質の人は、頭皮に限らず全身の皮脂量が多くなるのは言うまでもありません。

油っぽい物を食べる機会が増えることで、体内で脂肪の分解が追い付かず、分解しきれなかった油を体外へ出そうとします。その反応のひとつが、皮膚からの過剰分泌というわけです。

頭皮には熱をすぐに発散できるように、無数の毛穴が存在します。腕などの体毛と比較すると毛の密集度が明らかに違うので分かりやすいと思います。当然、毛穴の多い頭皮に皮脂が集まり頭皮環境が悪化するというわけです。

3つ目の原因は生活習慣の乱れです。慢性的な睡眠不足や職場や家庭でのストレスによりホルモンバランスが崩れてしまい、それが皮脂の過剰分泌につながっている場合があります。さらに、過剰な飲酒や喫煙も皮脂の過剰分泌の原因となります。

こういった頭皮の炎症や皮脂の過剰分泌というのは頭皮環境が悪化した状態です。それにより髪の毛が細くなり、毛根へのダメージで髪の毛が抜け落ちてしまいます。

脂漏性脱毛症(皮膚炎)の治療

脂漏性脱毛症(皮膚炎)を治すにはどういった方法があるのか見ていきましょう

病院で治す

脂漏性脱毛症(皮膚炎)を治すには、まず毛穴の炎症を落ち着かせる事が第一です。治療に用いられる薬としては、マセラチア菌を殺菌する外用の抗真菌薬といったものや、炎症を鎮める内服薬の抗アレルギー剤や抗ヒスタミン剤をといったものがあります。

頭皮に限らず抗アレルギー剤や抗ヒスタミン剤はどちらも皮膚の痒みが強い場合に処方されることが多いですね。またビタミンBは過剰な皮脂分泌を抑える働きがあるので、薬と併用してビタミン剤を出されることもあります。

市販薬で治す

市販薬で脂漏性脱毛症(皮膚炎)を治そうとするならば、新レスタミンコーワ軟膏などの塗り薬があります。

Amazonや楽天市場では取扱いが無いようですが、マツモトキヨシのオンラインストアでは販売されているようですね。病院と比較すると時間もお金も節約できるようです。

新レスタミンコーワ軟膏といった抗ヒスタミン外用薬はステロイド成分が入っていませんので、長期間にわたっても比較的安全に使用できる薬です。

痒みがひどくて我慢できないようであれば、外用ステロイド剤を使用しましょう。外用ステロイド剤の市販の薬ですとテラ・コートリルやオイラックスHなどがあります。

コチラもマツモトキヨシのオンラインストアで販売されていますね。テラ・コートリルやオイラックスHは作用が弱いので、副作用を気にすることなく使用しやすいでしょう。

薬を使わずに治す

病院にも行きたくないし、薬に頼りたくもないという方は以下のような対策で脂漏性脱毛症(皮膚炎)の改善に取り組んでみてはどうでしょうか。

シャンプーを見直す

脂漏性脱毛症(皮膚炎)が皮脂の過剰分泌が原因とはいえ、洗浄力の強いシャンプーでこれでもかとに皮脂を洗い落とせばいいというわけではありません。

それをやってしまうと、頭皮に本来必要な常在菌まで洗い流されてしまい、逆に大量の皮脂を発生させてしまいます(必要最低限の常在菌が存在するのが健康な頭皮環境です)

頭皮への刺激を最小限に抑えるためには、肌に合った洗浄力の優しいシャンプーを使用することも有効ですよ。アミノ酸シャンプーは洗浄力がマイルドなので肌に優しく、毎日使用しても負担になりませんからオススメです

生活習慣を変える

頭皮環境が悪化する原因には生活でのストレス、生活リズムの乱れが関係してきます。適度に運動などでストレスを発散し、成長ホルモンが活発に分泌される22時~2時の間はできるだけ良質な睡眠を取るようにしましょう。

すぐに寝れるからといって過度な飲酒はダメですよ(笑)

食生活で気をつけるべきは、焼き肉・ラーメン・揚げ物といった高脂質・高カロリーの食事は嗜好品としてほどほどにして、バランスの良い食生活を心掛けましょう。

コーヒーや唐辛子などの香辛料、意外と知られていない糖分など、肌への刺激となる物はとりすぎないようにしましょう。

皮脂を調節する働きがあるビタミンB2が多く含まれる食品を多く摂りましょう。肉類であれば豚レバーがダントツです、魚介類であればうなぎ・サワラ・ブリなどに多く含まれています。野菜類であればモロヘイヤ・納豆・ほうれん草などですね。

また、抗炎症作用のあるオメガ3脂肪酸を含む食品を摂ることで、体の炎症と酸化ストレスが減少したという報告があります。オメガ3脂肪酸を多く含む食品としては「青魚」「エゴマの種」「クルミ」「フラックスシード」「海藻」などがあります。

ビタミンDにも強力な抗炎症作用があります。ビタミンDを多く含む食品としては、魚類ですと「イワシ」「サンマ」「シラス」「カレイ」「鮭」「ブリ」、キノコ類ですと「椎茸」「キクラゲ」などが代表的ですね。

その他、亜鉛にも強い抗炎症効果があることが知られています。年を重ねることにより亜鉛の吸収・利用効率が低下していきますので、亜鉛不足に注意が必要です。加齢による慢性炎症に亜鉛の欠乏が関与しているからです。

亜鉛を多く含む食品としては、食物性食品で

ココア・抹茶・いりごま・豆腐・アーモンド・のり・えんどう豆・そば粉・切り干し大根

動物性食品では

牡蠣・チーズ・豚肉・牛肉・タラバガニ・スルメ・羊肉・タマゴ・鶏肉・アワビ

などが亜鉛を多く含む食品として知られています。

こういった肌の炎症を抑える食物を意識的に食べることで、頭皮の炎症も抑えられ頭皮環境の改善にも繋がっていきます。

コメント