スピロノラクトンには育毛効果がある

用語

薄毛に悩む方は自分だけでなく周囲でも多くの方が悩まれており、他人の指摘によって治療を決意したという方もいらっしゃいます。薄毛の悩みは男性だけでなく女性にとっても深刻であるということですよね。

この記事では育毛効果があるという「スピロノラクトン」についてご紹介したいと思います。

スピロノラクトンとは

スピロノラクトンは1957年に開発され、もともと高血圧の治療に用いられてきた歴史の長い薬であり、利尿効果という尿を増やす作用があります。尿がたくさん出れば血管内の水分量が減りますので、結果として血圧が下がるという訳です。

別の働きとして、アンドロゲンが結合する部位に競合的に結合するため、その働きをブロックする作用があります。その作用を利用してニキビの原因となるアンドロゲンの働きを抑え、大人の女性のニキビを改善します。

また、男性の薄毛治療に使われるフィナステリド系と同じように、副作用によって育毛効果があるとされています。

その他にも多様なホルモン作用を持つと考えられていますが、その個々の作用がすべて解明されているわけではありません。

スピロノラクトンと育毛

スピロノラクトンには抗男性ホルモンという副作用があります。高血圧治療のために男性がスピロノラクトンを服用すると、男性ホルモンが抑制されることによって男性であるのに女性のような乳房となる女性化乳房や性欲減退といった、副作用が起こっていました。

女性も微量ではありますが男性ホルモンが分泌されているのはご存知かと思います。閉経など女性ホルモンの低下によって男性ホルモン濃度が相対的に高くなります。

すると男性ホルモンから髪の毛の成長を邪魔する「DHT(ジヒドロテストステロン)」が作られ、ヘアサイクルが乱れて抜け毛が多くなり、結果として薄毛になるということが判明しています。スピロノラクトンには、DHTの働きを抑制する作用があります。

スピロノラクトンを服用することで男性ホルモンが抑えられ女性ホルモンが優位となるため、ヘアサイクルが正常化ることによって、抜け毛の予防や育毛の期待できるとされています

スピロノラクトンが配合された育毛薬

有効成分のスピロノラクトンが配合された育毛薬には、まず「アルダクトン」という先発品があります。もちろん浮腫や高血圧症の治療薬として販売されています。

1箱16錠入りで、2,000円弱で販売されています。

次に、アルダクトンのジェネリック品で「スピロノラクトン」という商品があります。

 

コチラは1箱28錠入りで、1,800円ほどで販売されています。単価で言いますと64円ほどになりますね。レビューの数は224件で、評価は☆4と高評価です。購入される方は下のリンクボタンからどうぞ。

公式サイトはコチラ

同じくアルダクトンのジェネリック品で「ハイレス」という商品があります。

 

コチラは1箱100錠入りで、3,500円ほどで販売されています。単価で言いますと35円になりますね。ご覧のようにレビューの数は500件以上書き込まれていますし、評価の方も☆4.5とかなりの高評価というのが分かります。

同じジェネリック品でも半額ほどで購入できるのですから、消費者としては嬉しい限りです。購入を希望される方は下のリンクボタンからどうぞ。

公式サイトはコチラ

これまではスピロノラクトンが配合された内服薬をご紹介してきましたが、スピロノラクトン配合の育毛薬には外用薬もあるのでご紹介したいと思います。

スピロノラクトンが2%配合された「リグロースラボSP2」という商品になります

このリグロースラボのシリーズには、「M5」「M7」「M15」「5HP」「7HP」といった、発毛促進に特化した商品と、「SP2」「FIN25」「D5」といった脱毛抑制に特化した商品があります。

このリグロースラボSP2は、60ml入りで2,400円で販売されています。レビューの数は102件で評価の方は☆4と高評価のようです。購入は下のリンクボタンからどうぞ。

公式サイトはコチラ

スピロノラクトンの口コミ

ここではスピロノラクトンを薄毛対策として、実際に使用した方の口コミを見ていただきましょう

スピロノラクトンは利尿剤とのことですが、薄毛の対策にも良いという話を聞きましたので、試しに飲んでみました。

飲み続けて2か月ほどですが、抜け毛の量が減ってきたと実感しています。他の育毛薬では効果がなかったので助かりました、これからももう少し飲み続けてみます。

利尿作用と薄毛対策を両立できる医薬品ということで、大変重宝しています。水分を摂り過ぎた翌日などすぐむくんでしまう体質でして、その上に更年期のせいか髪の毛が細くなってきたことが悩みでした。

何種類もの薬にお世話になるより、一つで解消してくれるほうが助かりますね。

30を過ぎた頃から顔と足の浮腫みが顕著に出はじめました。当時はラシックスを使っていましたが、最近、仕事のストレスで頭髪全体の薄毛も酷くなった事もあり、両方に効果のあるスピロノラクトンへ変えてみることに。

まさに一石二鳥とはこの為に生まれた言葉だと思いましたね(笑)

女性も更年期になると、むくみと薄毛という悩みが同時に起こるようです。それを同時に解決してくれるのがスピロノラクトンという訳ですね。

スピロノラクトンと初期脱毛

男性の薄毛や女性の薄毛では、ヘアサイクルが短くなってしまっているの原因となります。通常であれば2~6年といわれる髪の成長期が、薄毛の方の場合は数ヶ月~2年という短さになっていて、完全に成長していない髪が抜けてしまいます。

この乱れたヘアサイクルを育毛薬によって正常化させるわけですが、問題はこの時点で初期脱毛という症状が出てしまうことです。

ヘアサイクルが正常化すると休止期の状態の毛髪が急に成長期に移ることがあります。こうなると毛包にまだ残っていて根元が萎縮している毛髪が下から生えてくる成長期の毛髪に押し出されてくるのです。

つまり、成長期毛が上にある古い毛髪を押し出すことで髪が抜けるのが初期脱毛の正体なのです。初期脱毛は薬剤が効いて発毛してきている証拠で本来抜けるべき毛髪が抜けているに過ぎないので、極端に心配する必要はありません。

むしろ治療効果が出ていると思って大丈夫です。個人差はありますが、薬を使用し始めてから一週間程度で初期脱毛が起きていると実感し始める方が多いと思います。

殆どの方の場合ですと治療開始から二カ月以内には、遅い場合でも三カ月以内には収まっているはずです。逆にそれ以上初期脱毛が続いているなら、他の原因が考えられますので医師に相談されることをオススメします。

コメント