ジヒドロテストステロンを減らすと現れる効果とは

用語

このブログをご覧になっているという方は、ジヒドロテストステロン(DHT)がAGA(男性型脱毛症)の原因であるというのはご存知だと思います。

このジヒドロテストステロン(DHT)はどのように発生して体に働くのでしょうか?

ジヒドロテストステロン(DHT)とは

ジヒドロテストステロン(DHT)について説明するには、先にテストステロンの説明から始めないと理解していただけません。テストステロンも、ジヒドロテストロンと同じく男性ホルモンの一種です。

このテストステロンに5αリダクターゼという酵素が結びついた時に生成されるのがジヒドロテストロン(DHT)です。

テストステロン + 5αリダクターゼ → ジヒドロテストステロン(DHT)

ジヒドロテストロン(DHT)には毛髪の成長の元となる毛母細胞の働きを鈍く低下させる作用があることから、薄毛と切っても切れない関係の深いホルモンと言われています。

ジヒドロテストステロン(DHT)と薄毛

ジヒドロテストステロン(DHT)が毛髪にもたらす症状は、毛髪の成長を妨げてしまい毛髪が十分に成長する前に脱落させてしまい、髪の毛が徐々に細くなりボリューム自体も少なくなっていきます

通常2年から6年という髪の成長期が、ジヒドロテストステロン(DHT)の影響で数ヶ月から1年と大幅に短くなるのです。

初めは太い毛が抜けていくのですが、次第に成長途中にある短い毛や細い毛も抜けていき、毛穴も閉じてしまいます。AGAは男性だけに限ったことではありません、女性にもジヒドロテストステロン(DHT)は影響を与えて薄毛の原因となります。

ジヒドロテストステロン(DHT)の原料となるテストステロンは、頭皮の汚れや肌荒れを起こす要因としても知られています。汚れや皮脂が毛穴を塞ぎ頭皮環境も悪くなると、どんどん悪循環に陥ってしまします。

ジヒドロテストステロン(DHT)を減らすには

ジヒドロテストステロン(DHT)を減らすための治療法については、様々なものがあります。

「ミノキシジル」「フィナステリド」「アゼライン酸」「カプサイシン」「トレチノイン」「ノコギリヤシ」

などが例として上げられます。

これらがジヒドロテストステロン(DHT)を減らすのに有効だといわれる理由も様々ですが、現在アメリカ食品医薬品局によって認められたものは、ミノキシジルとフィナステリドの二つだけです。

日本皮膚科学会が出している薄毛治療に関するガイドラインにも、効果があるので強く勧めるとあるのは、外用薬では「ミノキシジル」のみです。内服薬に関しては「フィナステリド」と「デュタステリド」が勧められています


画像引用元:https://www.dermatol.or.jp/uploads/uploads/files/AGA_GL2017.pdf

前立腺肥大やAGAの原因となるジヒドロテストステロン(DHT)の検査方法については、血液検査で血中の量がわかるほか、AGAになりやすい体質かどうかを、正確に判定する遺伝子検査があります。

この検査は感受性の高さを数値化してリスクを判定するというものです。信頼のおける病院やクリニックで検査をしてもらいましょう。

そんな悠長なことをしている暇なんて無いという方は、クリニックで薄毛治療に取り組まれたり、通販で内服薬や外用薬を購入して薄毛治療に取り組むべきでしょう

このブログのトップページではミノキシジルの外用薬や、フィナステリド・デュタステリドの内服薬の人気商品をランキング形式でご紹介していますので、興味を持たれた方は下のリンクボタンからどうぞ。

トップページを見てみる

薬を使わずジヒドロテストステロン(DHT)を減らす

ジヒドロテストステロン(DHT)が増える原因としては、生活習慣の影響もあるので、それらの要因を少なくするのもジヒドロテストステロン(DHT)を減らすのに有効です。

食生活に気をつける

亜鉛・イソフラボンには5αリダクターゼを抑制する効果があります。亜鉛を多く含む食品としては、

魚介類
「牡蠣」「カタクチイワシ」「シラス」「かつお節」「うなぎ」「サバ」「アジ」
肉類
「豚レバー」「牛もも肉」「牛リブロース」「豚肩ロース」「鶏もも肉」
海藻類
「海苔」「ワカメ」「あおさ」「こんぶ」「ひじき」
野菜類
「切り干し大根」「枝豆」「シソ」「タケノコ」「ごぼう」

イソフラボンを摂取するなら、大豆製品ですね

「納豆」「豆乳」「豆腐」「厚揚げ」「がんもどき」「きな粉」「味噌」「醤油」

豆腐も木綿と絹ごしがありますが、木綿豆腐の方が10%ほど多くイソフラボンを含んでいます。

こういった食品を積極的に摂るようにしましょう。食事内容の改善が難しい場合はサプリメントなどを活用するのも1つの方法です

しっかりと睡眠をとる

良質な睡眠を確保するというのも大事になってきます。2日の徹夜でテストステロンの増加が止まるというほど、テストステロンの増加にとって睡眠は大切な要素です。

良質な睡眠のために就寝前のカフェイン摂取などは避け、十分な睡眠時間を確保するようにしましょう。寝付きが良くなるからといって、アルコールを飲むのはオススメできません

お酒を飲んで寝るとしばらくは、アルコールの分解時に発生するアセトアルデヒドの影響で、体は休んでいても、脳が活発に動いている状態であるレム睡眠が抑えられます。しかし、その反動で睡眠の後半にはレム睡眠が増加するため、浅い眠りが続き、夜中に何度も目が覚めるといった状況を招くというわけです。

適度な運動

適度な運動もテストステロンの増加を促してくれます。自宅で簡単にできるラジオ体操のようなストレッチや筋トレなどでも効果はあるため、なるべく毎日体を動かすようにしましょう。

社会人の方で運動の時間を取れないという方は、通勤で1駅手前で降りて歩いてみたりといった工夫雨をされている方もいらっしゃいます。

リラックスして眠りにつくために、就寝前にストレッチをするというのもオススメできます。

テストステロンの減少は喜べない

ジヒドロテストステロン(DHT)の原料となる男性ホルモンのテストステロン、これが減ると薄毛のリスクも減るような気がしますが、そうではありません。

テストステロンの減少は薄毛の人にとってマイナスに働く場合があるんです。テストステロンは筋肉の増大・闘争本能促進・体毛増加など、心身の男性的な部分に作用する男性をより男性的にするホルモンです。

そのテストステロンの減少は、1つ目に男性としての身体的特徴や体力・精力・精神力の衰えを招きます。そして第二にはジヒドロステロン(DHT)の生産量の増加を引き起こしてしまう恐れがあるのです

こういった作用は、体内でテストステロンが不足した場合に、不足したテストステロンを補おうとして5αリダクターゼとの結合がさらに進んでしまうという傾向があるため起こります。

ジヒドロテストステロン(DHT)は女性にも関係あり

ジヒドロテストステロン(DHT)は男性のAGAに限って関係している訳ではありません。女性の場合、更年期前ぐらいから美髪や増毛効果のある女性ホルモンであるエストロゲンという物質の減少が始まります。

それとプラスして、ストレスや生活習慣の乱れなどでおきる女性特有の「びまん性脱毛症」があります。びまん性脱毛症は髪の全体のボリュームが減少していく脱毛症です。びまん性脱毛症については詳しく書いた記事がありますので、詳しく知りたい方は下のリンクボタンからどうぞ。

びまん性脱毛症の記事

それ以外に女性を悩ませている薄毛がFAGA(女性の男性型脱毛症)なんです。40歳近くになると徐々にFAGAを発症する女性が増えていきます。男性ほどではありませんが、女性にも男性ホルモンであるテストステロンがあります。

FAGAの発症メカニズムは男性のAGAと同じで、

テストステロン + 5αリダクターゼ → ジヒドロテストステロン(DHT)

といった経過をたどります。症状も男性と同じように頭頂部の髪あたりから薄くなっていく方が多いです。高齢の女性が頭頂部の薄毛を隠すのに「カツラ」や「ウィッグ」などを使うのをTVなどで見かけますよね。

体内のテストステロンが減少すると、テストステロンからジヒドロテストステロン(DHT)に変える5αリダクターゼの働きが活発になり増殖し、少なくなった男性ホルモンのバランスを保とうとします。

しかし、その一方で作られたジヒドロテストステロン(DHT)は次々と男性ホルモンレセプターに結合するために、成長期の途中にある髪が抜けてしまし薄毛が進行していきます。女性はこのようなメカニズムで、FAGAを発症しやすくなるわけです。

FAGA(女性の男性型脱毛症)の治療薬は

男性のAGAであれば、日本皮膚科学会のガイドラインで薄毛治療に効果があると認められたものがあります。内服薬であれば「フィナステリド」や「デュタステリド」が配合されているもの。外用薬であればミノキシジルが配合されたものです。

ところが、女性のFAGAだと「フィナステリド」や「デュタステリド」は使えません。かろうじてミノキシジルは1%のものが勧められています。男性のAGA治療薬に比べると女性のFAGAに使える治療薬は本当に少ないのが現状です。

そんな中で、FAGA治療薬として常に人気が高い医薬品があります。詳しくは別の記事に書いていますので興味を持たれた方はご覧ください。

外用薬のパントスチンはコチラ

内服薬のパントガールはコチラ

テストステロンを増やすには

テストステロンの原料はコレステロールですので、バランスの取れた食生活と適度な運動、良質な睡眠、ストレスフリーな生活がベースになるのは間違いありません

コレステロールを多めに摂取するとなると、カロリーが高いので同時に運動をしなければ太ることになります。また、コレステロールの過剰摂取は様々な疾患や肥満などにもつながります。肥満はテストステロンの分泌を増やすためには逆効果になります。

コレステロール=マヨネーズのようなイメージがありますが、そのイメージ通りコレステロールを多く含む食品でダントツに高いのが卵です。

次に多いのが鶏・豚・牛のレバーですね。魚介類では「すじこ」「うなぎ」「たらこ」と魚卵でもコレステロールは高いことになります。

運動でのテストステロンの増やし方を見てみると、中心となるのは筋トレです。別にスポーツジムなどに行って筋トレする必要はなく、筋肉量の多い太ももを鍛えるスクワットなどが手軽な方法のようです。

コメント