若年性脱毛症の原因と治療法とは

脱毛症

10代・20代の若い頃から薄毛になってしまうという「若年性脱毛症」。若い世代での薄毛の原因はさまざまな事が考えられます。

遺伝的な理由だったり偏った食生活、睡眠不足などの生活習慣の乱れ、そして誤った頭皮ケアなどによって年齢に関係なく発症する可能性があることが知られています。

この記事では若年性脱毛症の原因やその治療法などについて触れていきたいと思います

若年性脱毛症の原因

まずは食生活の乱れが上げられます。若年性脱毛症に悩む人の多くの人に、脂っこい食事や塩分の取り過ぎ、過度なダイエットでの食事などがあります。

こういった偏った食生活が習慣化することで頭皮まで栄養が行き渡らずに、結果として髪の毛が完全に成長できずに抜けやい状態に陥ってしまいます。

次に睡眠不足やストレスがあります。睡眠不足や過剰なストレスでによって髪の毛の生えるのに必要なホルモンのバランスが崩れてしまい

髪の毛が完全に成長しないまま細い状態で抜けてしまったり、一本一本の髪の毛が細くなったり、他から見てもスカスカの状態となり結果として薄毛になってしまう場合があります。

それに、AGAが発症している可能性もあります。AGAは30~40代といった年齢を重ねてから発症するイメージがありますが、若い頃から発症するケースもあります。

生活習慣やストレスが原因となることが多い若年性脱毛症ですが、若い内から発症した場合は遺伝的理由(男性ホルモンの異常でAGAの原因と一緒)も可能性として高い場合が多いです。

その他の原因としてはヘアケアの不十分さがあります。自分に合わない間違ったシャンプー選びや、整髪料を落とさないまま寝てしまうといったケース。

カラーリングやパーマだってやり過ぎは禁物です。紫外線の強い時期にヘアケアを怠るとダメージなどにより若年性脱毛症などの薄毛が進行してしまうケースもあります。

タバコや飲酒も血行を悪くする原因となりますので、頭皮の血行が悪くなり薄毛の原因ともなります。

若年性脱毛症の対策や改善方法

若年性脱毛症を改善させるには、上記でご説明した薄毛となった原因の逆を行えば良いわけです。

まずは、規則正しい食生活を心がけることが一番ですね。ファストフードやコンビニ食品といった偏った食生活を見直し、間食や夜食の習慣を見直し規則正しい食生活を心がけましょう。

それらが改善されると、不足しがちだった髪の毛への栄養が行き渡ることで、正常なヘアサイクルに戻りやすくなります。

また、髪の毛を作る上で重要なケラチンの主成分であるタンパク質やビタミンB6、亜鉛などのミネラルを積極的にとることもとても重要です。これらの重要な3つを多く含む食品をご紹介しましょう

たんぱく質を多く含む食品:肉、魚、牛乳、卵(動物性タンパク質) ご飯、納豆、
パン、イモ類(植物性タンパク質)など
ビタミンB6を多く含む食品:カツオ、マグロ、鮭、豚ヒレ肉、鶏ササミ、鶏レバー、
バナナ、赤パプリカ、さつまいも、玄米など
亜鉛を多く含む食品:生牡蠣、水煮アワビ、からすみ、豚スモークレバー、
かぼちゃの種、パルメザンチーズ、煮干し、ピュアココア、
松の実、乾燥まいたけ、タタミイワシなど

こういった食品をバランスよく摂って健康的な髪を育てていきましょう。

質の良い睡眠と、ストレスを減らす事も忘れてはいけません。理想的な睡眠は、成長ホルモンが活発に分泌される22時から2時のゴールデンタイムと言われる時間帯に深く眠ることです。

髪の成長に関わるホルモンが多く分泌される時間は睡眠中です。睡眠中に成長ホルモンが分泌されることで毛を生やす元の毛母細胞が活性化して、発毛を促します。これで薄毛・抜け毛対策には上質な睡眠が重要なのが分かっていただけたと思います。

タバコや飲酒も控えましょう、どちらも血行を悪くするものです。頭皮にある血管はどれも細いものばかりです、太い血管とは違い細い血管は血液が流れにくく、ひいては薄毛の原因となります。

また、ストレスを減らす事もとても重要です。ストレスによる自律神経の乱れが、血管などに大きな影響を及ぼし血流を悪くします、頭皮には細い血管しか通っていませんので、血流の悪さは薄毛の原因に直結します。

普段から強いストレスを感じている方は、気分転換やリフレッシュなどでストレスを減らす努力をしてみましょう。

簡単な気分転換としては「深呼吸」「瞑想」「ゆっくり湯船に浸かる」「美味しいものを食べる」「公園や自然の中を散歩する」「軽い運動」「ショッピング」「気の合う友達と喋る」などがあるので、試してみてはいかがでしょう。

忘れてはいけないのが、正しい方法でシャンプーをすることです。頭皮を意識してマッサージするように洗い、完全に洗い流したいのですすぎは洗いの3倍の時間をかけましょう。リンスやコンディショナーは頭皮に付けずに、髪にだけつけるようにします。

頭皮トラブル予防には頭皮への刺激が少ない「アミノ酸系シャンプー」がおすすめです。シャンプー後に育毛トニックなどで頭皮ケアすると効果的・・・とも言えません

育毛トニックなどにはメントールが多く使われています。スーとした感じが得られるので血行が良くなった気がしますが、実はテレビCMでのイメージ刷り込みでしかありません(笑)

若年性脱毛症の治療

若年性脱毛症の治療に病院やクリニックなどへ行くと、まず指導されるのは生活習慣です。それ意外もこの記事でご説明したような、対策や改善方法を指導をされます。

その後は、AGA治療と同じように内服薬を処方されるだけです。月に1回通院して診察を受けるわけですが、内服薬の料金を合わせると約18,000〜22,000円が相場となっています。

これが少なくとも半年は続きます。説明があると思いますが薄毛治療には最低でも半年が必要なんです。つまり、半年間で10万円ほど薄毛治療に使うわけです。

これに比べて内服薬と外用薬を通販で個人輸入すると、外用薬が1~2ヶ月分が3,000円前後で内服薬は3ヶ月分が安ければ2,000円程度です。

そういった安いけど安全安心に購入できる薄毛改善の内服薬や外用薬をこのブログのトップページでご紹介していますので、よろしければご覧になってください。

トップページを見てみる

若年性脱毛症に効く薬

若年性脱毛症の原因は「食生活」「ストレス」「睡眠」が大きな理由であり、それ意外であればAGAと同じ原因となります。

したがって、若年性脱毛症に効果のある薬というのはAGAに効果のある薬と同じという訳です。AGAの原因を簡単に説明しますと

「ヘアサイクルの乱れ」と「男性ホルモンの異常」この2つです。これらに有効なのが、外用薬であればミノキシジル、内服薬だとフィナステリド系とデュタステリド系になります。この3つの成分は日本皮膚科学会が薄毛治療に「強く勧める」と太鼓判を押されたものです。

ミノキシジルは俳優の水谷豊がCMで宣伝している「リアップ」で有名ですね。しかし、リアップに含まれるミノキシジルはたったの5%、このブログで紹介している外用薬はミノキシジル16%という高濃度です。

内服薬は馴染みがないでしょうから、ここでの説明は割愛しますね。このブログのトップページには、外用薬と内服薬の人気商品をランキング形式でご紹介していますので、ご覧になってください。

トップページを見てみる

10代や20代といった若い頃からの薄毛になったというのは想像以上に悩まれたことでしょう。正しい知識や対策方法を身に着けて克服していきましょう。

コメント